避妊薬の飲み方

ピル服用による避妊の仕組みと風邪薬との併用について

ピルを服用すると避妊の効果があるとされていますが、どの様な仕組みになっているのでしょうか。
簡単に仕組みを説明すると、ピルには妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが含まれています。それを服用し、体内に摂取することで脳は身体が妊娠したと勘違いし、排卵を止めるように指示します。そのため結果として避妊の効果を得ることが出来るのです。しかしピル服用で高い避妊効果を得るためには、毎日同じ時間に服用すること、服用の順番を守ることと言った正しい使い方をする必要があります。仮に同じ時間に服用することを忘れてしまったら、指示に従って決められた時間内に服用することで避妊効果を発揮することが出来ますが、1日服用を忘れた、服用の順番を間違えてしまったということをすると、避妊の効果を得られない場合もあるので、コンドーム等他の避妊具を使用することをお勧めします。また元の正しい服用の順番に戻るためにはどうすれば良いのか、等は処方してもらった医療機関で相談してみると良いでしょう。
ピルは薬でもあるので、風邪薬等の市販薬を併用しても大丈夫なのか、と思う人もいると思いますが、市販されているような風邪薬であれば併用は問題がないとされています。しかし併用に関して不安があるならば、薬剤師に相談するか、ピルを処方してくれているクリニックで風邪薬を処方してしてもらう方が良いでしょう。また風邪薬だけでなく、頭痛薬も併用には問題がないとされていますが、同じように不安なら自己判断で使用するよりも、プロに相談することをお勧めします。
ピルには種類がいくつかありますが、避妊の仕組みや風邪薬等の併用に関しては基本的には同じです。また自己判断で服用に関することを決めるよりも、医師や薬剤師などプロの判断を聞く方が確実なことも同じなので、不安に感じることがあればすぐに相談するようにしましょう。