避妊薬の飲み方

多毛症の可能性があるなら避妊薬や脱毛は控える

多毛症とは婦人病の一種です。
本来は女性の体に濃い体毛が生えてこない顎や胸、腹部といった箇所に生えてしまったり、異常に増えてしまう状態を指しています。ここで勘違いしていけないのは体毛が濃い人イコール多毛症であるわけではないので、ご注意ください。
そんな多毛症の原因は遺伝や体質といった身体的な理由や薬剤の副作用が挙げられますが、一番に挙げられる原因として女性の体にある男性ホルモンだといわれます。
この男性ホルモンの分泌が何らかの要因で通常よりも増加してしまい、多毛症を引き起こしているとされています。
また多毛症はあくまで男性ホルモンがもたらした卵巣や副腎の病気の合併症のサインのケースであるともいわれており、その病気のひとつとして多嚢胞性症候群が考えられます。
この病気は卵巣に嚢胞と呼ぶ空洞が出来てしまうと卵巣が腫れ上がったり膨らんだりしてしまい、それが引き金となって男性ホルモンが増加する状態を招きます。突発性多毛症とよばれる症状のほとんどが多嚢胞性症候群といわれているほどです。
多毛症であるかどうかの判断は自己判断では難しく、病気が引き起こしている可能性となると医師の診断が必要不可欠となります。
ですから一時的な濃い体毛の対処法としてレーザー脱毛やクリーム脱毛をしたり、一般的な避妊薬を服用することはおすすめできません。
特に避妊薬の使用は医師の間でも効果があるかと疑問の声があるのが現状です。またその効果も長い間避妊薬を服用しないと効果が出ないと言われています。
多毛症はホルモンバランスが改善されれば治る病気です。
安易に脱毛を試みたり避妊薬を服用したりなどせず、婦人科に行ってみるのが一番の対処法です。