避妊薬の飲み方

経口避妊薬アンジュは初めての人も抵抗なく飲めるピル

経口避妊薬アンジュは、3相性ピルで、ホルモン量が3段階に変化しています。自然のホルモン変化に近いため、初めての人でも抵抗なく始めることができます。アンジュには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが配合されていますが、第2相で卵胞ホルモンの量を増やし、第3相で黄体ホルモンの量を増やしています。これは、不正出血に抵抗するためで、この変化によって不正出血が少なくなっています。
アンジュは、正しく服用を続けると、ほぼ確実に避妊することが可能です。服用を開始するのは、生理が始まった日で、毎日1錠ずつ同じ時間に飲むように注意します。21錠タイプと28錠タイプがあり、28錠タイプは最後の7錠は薬の成分がないプラセボ錠です。実薬の部分は21錠タイプも28錠タイプも同じで、第1相が6錠、第2相が5錠、第3相が10錠です。それぞれ色が異なっており、シートに番号が記載されているので、順番を間違えないように服用します。
21錠タイプは、1シートを飲み終えたら7日間薬を休み、次のシートを飲み始めます。28錠タイプは、1シートを終えたら、休まずに次のシートに移ります。28錠タイプは、休薬期間を間違えることがないので初めての人や、薬を飲み続けるのに抵抗のない人におすすめです。
休薬期間の7日間に消退出血と呼ばれる生理が起こります。通常の生理より出血量は少なく、早めに終わりますが、出血が続いている場合でも、8日目には次のシートを飲み始めます。
飲み忘れた場合、24時間以内ならすぐに該当の錠剤を飲み、その日の分もいつもどおりに飲みます。24時間を超えると避妊効果がなくなるため、一旦服用をやめて生理を待ちます。生理が始まったら新しいシートを飲み始めます。